ENOKI Liteサービス

AIを簡単にプログラミングレスで会話インタフェースを構築し、自社のサイトと連携できる会話プラットフォームです。QAデータを作成することで、対話型の会話インタフェースを使い、問い合わせの対応ができるようになります。対話型の会話インタフェースを使うことで、回答が複数あるような問い合わせにも意図にあった候補をAIが判断し聞き返しをするので、問い合わせの内容を理解して回答を導き出すことができます。

コールセンター

自社の顧客からの要求を即座に応答するチャットボットを構築することで、顧客ごとの問題解決に役立てます。

マーケティング

毎日アクセスされる自社のWebコンテンツにチャットボットを組み込むことで顧客との新たな接点を作ることができ、顧客の疑問に答えることで理解が深まりサービスの向上にも役立てます。

社内問い合わせ

人事部門や営業アシスタントなどには様々な質問が寄せられことが多いでしょう。社内規定や営業情報をボットが答えるアシスタントとしても活躍します。