リアルタイムにニーズを把握

回答精度の低いチャットボットは利用頻度がどんどん下がっていきます。また、いくら回答が返ってきてもマッチした回答が質問の意図と乖離していては、チャットボットの利用価値は低くなり結果として利用頻度が下がっていきます。

お客様が確認したい時間軸でのチャットの利用状況や、回答に対するマッチ精度、フィードバック状況などをリアルタイムでサマリーし、状態を把握することができます。その結果、マッチ精度の低い質問に対する回答のメンテナンスやよりわかりやすい回答の作成などを適切に行うことができますので、チャットボット利用頻度の向上が見込めます。

 

ダッシュボード